住宅ローンで気になる金利はどうすればいいの?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
ローンの支払いをしている方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。
借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。
借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。
借り換えを検討する際はいろんな事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
審査が少し変わっています。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。